最近よくいただくご相談についてまとめました。Vol.1スマートフォン対応

今年に入っても楽天市場やYahoo!ショッピングなどの出店者からのご相談は、
昨年と同様に、スマートフォンについて、楽天スーパーセールなどの大型セール企画時のご相談が多いです。

今回はその中でもスマートフォンの対応について取り上げます。

スマートフォン対応

今から対応を始めてもまったく遅くありません。
むしろ、対応をされていない方はできるだけスマホ化をすすめていきましょう。

店舗運営者にとってのパソコンは作業用の道具でもあり、情報取得のためにネットサーフィンをするものです。わたしもパソコンでの仕事に慣れていますし、情報を得ることについてもパソコンで検索を行って、必要な情報をEvernoteに集めたり、または印刷したり、、、パソコンはかかせない存在です。

ですが、現在はパソコン自体を持たない若年層も増えています。
残念ながらユーザーの閲覧ツールのシェアがPCに今後戻っていくことはないと考えます。

visual717_2

参照「「大手ECサイト」や「ファッションサイト」はスマートフォンからの利用時間がPCを上回る~ ニールセン、「Eコマース」の利用状況を発表 ~

再優先は見た目の整備

対策といいましても、まずは見た目の整備だけでじゅうぶんです。
パソコンの販売説明文をすでに画像で作りこんでいれば、それをスマホ用販売説明文にも反映させればそれで対策は完了します。

もちろんパソコン用に作った画像ページであれば文字サイズなどがスマートフォンでは小さくなり読みづらくなることもあります。その場合はパソコンで用いた制作データをスマートフォン用に調整してから反映させる必要があります。

その判断も、まず既存のパソコン用販売説明文の画像ページをスマホ用販売説明文に入れて、確認してからで遅くはありません。

販促の事、運営の事、マネジメントの事、どんな事でも構いません。
悩まれている方がいたら、お気軽にご相談ください。