Ulysses「ユリシーズ」(Macテキストエディタ)と仕事の話。

kobayashi
大型連休中や年末年始休暇など、経営者や起業家のみなさんにとっては邪魔も入らずじっくりと戦略を練ったり、コンテンツ追加などの執筆を行えるとても素晴らしい期間ですね。

わたくしもそういう時は事務所やホテルにこもり、この先の展開についてじっくりと考えを巡らせています。
Mac、iPhone、iPadを使っている方限定ですが、そんな時に役立つアプリのご紹介です。

Ulysses「ユリシーズ」(Macテキストエディタ)

ulysses

ずっと気になっていたUlysses「ユリシーズ」(Macテキストエディタ)です。

このソフトを購入したので仕事用に必要な「書くべき」テキストを全て集約させていきたいと思います。(iOS版も購入しちゃいました)

もちろん、「俺はメモ帳で充分だ」「着想は紙とペンで行う」といった方もいらっしゃるでしょう。

わたくしの場合は、はっきり言って「新しい物を買う刺激でいつも以上のアウトプットを行いたい」という”にんじん的手法です”

使い方の細かな説明は専門家の方をご参考にしてください。
Ulyssesについてよくわかる記事(別サイトが開きます)

とにかく書き物が続かないという習慣を断つ

独立してから今年で9年。それまでの間ブログやSNSなど色々なツールが出てきては、 自分の考えを常にアウトプットせねば!と考え、ブログを立ち上げる事何回も…お恥ずかしい話トータルでいくつブログをつぶしたことでしょう。

確か「ブログのゴミの日」は第3木曜でしたっけ。

書けない理由はよくわかってる

なぜ書けないのか。書くことの大切さ、アウトプットの大切さはオウンドメディア重要論が叫ばれてる今はもとより、それこそ私が独立した頃も言い方は違えどコンテンツの大切さは叫ばれていました。だからこそ、ブログをいくつも潰したわけで…。

いくつも潰すと、わかるんです。なぜ上手くいかないのか。

それは、大きく以下の2つ。

  • 書く前にレイアウトに凝る
  • ルールを決めすぎる

結局書く前から制約を設けすぎたり、見た目を気にしすぎて細かなカスタマイズを続けている間に、一番大事な書くことをおろそかにしてしまう…。

えぇ、もう笑ってください。結果的にブログを書かなくてもありがたいことに仕事はたくさんきたんですけどね。

ただし、「戦略がしっかりしていれば」です。これを言っては元も子もありませんが、サイトに見込み客が求めている必要最低限な情報があれば仕事は来ます。

環境整備と、あとは爆発的な瞬発力が大切

起業やアイデアを形にする時にとても大切なのは”段取り”だと考えますが、それ以上に重要なこと。

それは瞬発力これがとても重要だと考えます。

ブログが続かなかったのは、ブログに関していえば瞬発力が圧倒的に足りなかった。
やみくもに記事を書き続けてアップしていればよかったのです。

ラーメン屋でいえば屋台でいいからラーメンを提供し続ければよかった。

はじめから立地にこだわり、店舗の内装にこだわって3年待たずに潰れるようなラーメン屋と同じでした。

瞬発力があればビジネスの量も質も圧倒的に増える、良くなる

スピードって何においてもすごく重要な要素です。ここでいうスピードとはせっかちとは違います(ほんとに全然違う)。

もしブルーオーシャンのような市場を見つけた場合、事業立ち上げは早ければ早いほど先駆者利益を得ることができます。

時間はみんなに平等なので早いに越したことはないのです。

言うなれば段取り早く、取り組み早くというところでしょうか。

よく、「段取りが大事ですか?まず取り組むことが大事ですか?」と聞かれることがありますけど、

どっちも大事なんですよねどちらかを決めるのは一度に両方できないからで、

どちらも大事に決まってるんです。

文字入力も少しカスタマイズ

macに慣れていないので、途中でやりにくさを感じたのが単語変換確定後のreturnキー。これmacは2回押さないと確定しないんですよね。

これがすごく慣れないし、ひと手間かかるので効率もよくない。

そこで、Windowsでも使っているグーグルIMEを入れることに。これなら単語確定がreturnキー1回でいいので、素早い。

好きな機能:目標機能

シンプルに使えて文句なしなのですが、その中で好きな機能が、「目標機能」

ノートごと、グループやフィルターごとに目標ページ数や文字数などの目標を決めることができるのです。

例えば、これから立ち上げる新規サイトの用の記事が30は欲しい。という場合に、目標ページ数を決めてあげればあとは書くだけ。現在ページ数(行数で1ページあたりの文量をある程度決めることができる。)の表示がされるので達成感を感じる。そこまで厳密に目標を決める感じじゃない”ユルさ”もよい。

もちろん、はじめにサイトマップなどのガイドラインは必要であるが(それによって目標ページ数がでる)シンプルさの中でこういう機能があるとすごくやる気がでます(私の場合)

このソフトで質の高いものがアウトプットできれば安い投資

kobayashi
このソフトはmacで5600円、iOSで3,000円とアプリの中では高いです。でも、買い切りで1万円を切るくらいであれば非常に安いです。

その1万円でアウトプットができれば、おそらくそのリターンは100倍、1000倍になって自分に返ってきます。

連休中、気分を切り替えてサイト用、ページ用のライティングを頑張るなら、おすすめです。